2006年05月24日

村上水軍の里「鵜島」で開催「一丁櫓伝馬船競漕」

R0013334.jpg
(写真:瀬戸内和船工房の仲間、神戸大学櫓櫂伝馬船同好会の冬期練習スナップ)

今年、2006年8月12日(土曜日)に愛媛県今治市宮窪町宮窪、通称「鵜島」の南側海域にて「一丁櫓伝馬船競漕」を開催する。この「鵜島」こそその昔、村上水軍の造船所が在った島なのだ、水軍所縁の島で櫓競漕。

因みに、瀬戸内和船工房の船団基地「舟宿 鄙(ひな)」は、何を隠そうこの村上水軍造船所跡地に建設される予定なのである。

それは兎も角、7月上旬には待望の三杯目の一丁櫓「曉(さとし)」が進水するので、「隼」「尊」そして「曉」の三艘の舟があれば小規模ながらも伝馬船競漕が開催できる。そりゃ、景気づけに水軍レースをやらない手はないぜよ!

船小屋の建設準備のために、先月「鵜島」の隣の島「伯方の塩」で有名な「伯方島」へ引っ越してきた。伯方島からならフェリーで鵜島へ10分程度のところだ。ほとんど毎日鵜島へ通っている、島の人口は38人の小さな島だからすぐ顔見知りになってしまう。

ぼくも最初は人見知りするけれど人なつこくてすぐ慣れるから、誰とでも友達になってしまう、島の人たちとアレコレと話しをしているウチに「伝馬船競漕」をやろうと言うことになった。

「鵜島」の猛者は2005年の「水軍レース」覇者である、「水軍レース」と言えば「ザ・レース」と言われる全国規模の櫓船競漕の大会である。そのビックなチャレンジカップを昨年の夏は人口38人の鵜島が奪取した。このニュースは全国の津々浦々を駆けめぐり、「瀬戸に鵜島あり、鵜島に疾風あり」の噂をのこした・・・それやこれやで村上水軍の末裔が燃えている。

「一丁櫓競漕」、これぞまさに真の王者を決める競争だ、何故なら、「水軍レース」は五丁櫓を10人で漕ぐ団体戦なのである、それに比して一丁櫓競争は個人戦なのだ。

今も昔も真の王者はひとり、その真の王者を決めるのがこの夏鵜島で開催される「一丁櫓伝馬船競漕」である、乞うご期待。

尚、この一丁櫓競漕は招待参加方式なので、誰でもエントリーできるわけではない。参加資格は五丁櫓団体戦の「水軍レース」の成績で決められることになる。スポンサーは「舟宿 鄙」なので、「鄙インビティーショナル」と言ったところか、お楽しみにね。





posted by さいもん at 03:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
西門寺様、福岡の高原です。「一丁櫓伝馬船競漕」は羨ましいかぎりです。私の実家は岡山県玉野市なので、お盆の帰省に寄れたら見に行きます。昨年のお盆は大島で野宿し。村上水軍博物館の前にある倉庫で五丁櫓の小早船を見せてもらいました。だけど倉庫の外にあったボロボロの小早船に興味が沸いて、あの船を引き取ってレストアしたらどんなに面白いだろうと考えたりもしました。だけどお金も場所も時間もない私にはどうすることもできません。あの朽ちた小早船なんとか再生したいものです。
それと船団基地「舟宿 鄙(ひな)」の地は鵜島だったのですか!カッコよすぎる・・・!小説『海狼伝』(白石一郎)には鵜島が舞台となって生々しく村上水軍の営みが描かれています。潮の匂いがタマリマセンネ。ちなみに私のもっている伝馬船「勝丸」は福岡の加布里という漁港の漁師さんから頂いたものです。筑前加布里は秀吉によって村上武吉・元吉父子が移された場所でもあります。不思議な縁を感じます。また、私の高原という姓は香川県直島の海賊「高原水軍」がルーツだそうです。因島村上氏の船大将にも高原姓があり、妙に喜んだ次第です。話は長く脱線しましたが、我が「勝丸」は船齢20年以上経っています。重ね塗のペンキ中で木が腐りつつ、海上係留のままであります。お金を稼いで手入れせねば・・・頑張ります。
Posted by 高原正伸 at 2006年05月24日 23:58
個人戦・・・それは己が何者なのかを知る時・・。いよいよ面白くなってきましたね〜。櫓漕ぎ個人戦というのはあまり聞いたことがありません。今後の展開が非常に楽しみです!!!
Posted by みかん at 2006年05月26日 12:36
高原さん、亀レスすみません。

高原さんの方が和船に縁もゆかりもあるようですね、こんど大島に来る機会がありましたら、いろいろなお話しを聴かせて下さいね。

みかんさん

櫓槽個人戦は戦国の昔でもなかったと思います。今回のレースプロフィールは、年齢性別不問直線百尋一回勝負トーナメント敗者復活無し!聞いただけで武者震いする戦いの海域!乞うご期待!!
Posted by 西門寺 at 2006年05月29日 18:43
水軍レースは、何度か出場しましたが、個人戦があるなら一度でてみたいと思います。開催の曜日にもよりますが、今年もするのですか?できれば日曜のが、都合がいいですけど?
Posted by 赤瀬友道 at 2011年02月23日 18:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/710007

この記事へのトラックバック