2008年08月09日

桜伐る馬鹿ことの顛末

Sakura Stanley Park.jpg
この間、つまり直前の5月ブログから3ヶ月間余り、桜の木が伐られてしまうのか!助かるのか!何ともやきもきした時を過ごした。果たして結果は桜の木は守られたということである。先ずはコレめでたしめでたしの一件落着だった。桜の木を守る署名に協力していただいた多くの人々にこころからお礼申し上げたい。皆様本当にありがとうございました。

承前

5月のブログから3ヶ月あまり過ぎたときの8月9日のブログの続き。

桜の木は15本のうち、水屋を作るためにどうしても場所が確保できないとの理由で、2本だけ伐採される運命になった。国際的な署名運動は大きな影響を与えた。

はじめはクリーンカット(全伐)する計画だったのが、地元の日系人をはじめ多くの人々の働きかけで日系人の心のよりどころであるオッペンハイマーパークの桜の木は救われた。

こんな嬉しいことはない、もう一度、ぼくの呼びかけに応えて署名してくれた皆さんに心から御礼申し上げたい。ありがとうございました。

さくらさくらのYouTubeをご覧じろ
http://jp.youtube.com/watch?v=jTAphbWTNIc&feature=related
日系人の桜に対する思いが良く出ている・・・

この稿、10月10日に書き終える。

今度からもう少しまめに書きます。西門寺
posted by さいもん at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記